読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STANDALONE NETWORKS

ゲームプログラマーが独立起業してみるブログ

メディアクリエイターが先か、サラリーマンが先か

はてな

f:id:oppyen:20160120161642j:plain

社会人生活はバイトからのスタートだった、えのきです。


あんまり近付きたくないような気もする例の話題ですが、最近サラリーマン辞めた身としては、色々と考えさせられる話題ではあります。

どっちが良い悪いってのはともかく、単純にオススメなのは、まずはサラリーマンやってみる事です。

理由は至極単純で、フリーランス→サラリーマンの順番だと難しい場合があるけど、サラリーマン→フリーランスの順番だと自分の決意次第なのでそんなに難しくないこと。選択の幅を狭めちゃうのは本当に勿体ないです、せっかく大学にまで進学したってのに。

将来目指すべきメディアクリエイター像があるなら、まずはなるべくその足しになりそうなジャンルの会社でいっぺんサラリーマンやってみるのが、割と近道なんじゃないかなぁと思います。目の前に見えるチャンスにウズウズしちゃって盲目的になる感覚は自分にも覚えがあるので、回り道なんか真っ平御免だ!って言われることは想像に難くないのですけどね。

あと、これは「おっさん」サイドに訊いてみればきっと良い意見がもらえると思いますが、「サラリーマンやって後悔してる」「あんなのやんなきゃ良かった」って思ってる人って、どれくらい居るんでしょう? たぶん大多数は「やって良かったと思ってるよ!」って答えるんじゃないかと思うんですけど。少なくとも自分は「サラリーマンやって良かった!」って思ってます。これやってなかったら自分はきっと、どうしようもない甘えた大人になっていたに違いない。

もし、身の周りに居るのが「いや、あんなのやる意味ないよ!」って言う大人ばっかりなんだとしたら‥ それ自体がとてつもなくアンラッキーな事かもしれないので、もう少し色んな大人から意見を貰ってみるのが良いと思います。まともな大人であれば概ねまともな意見をくれると思いますよ、おっさん呼ばわりしてケンカ腰で臨まなければ。まぁ多少は愚痴や思い出話が混ざるかもしれないですけどね(笑)


以上、サラリーマン時代も今も変わらず自分はクリエイターだと思っている、えのきでした。