読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STANDALONE NETWORKS

ゲームプログラマーが独立起業してみるブログ

ハローワークで訊いてきた「これは求職活動実績になる?」

f:id:oppyen:20160420103815p:plain

失業者、えのきです。


もうすぐ雇用保険(失業保険)の 3 ヶ月の給付制限期間が明けて、2 回目の失業認定日がやってきます。

失業を認定して戴くというのも良く考えると胸くそ悪い気がしないでもないですが、給付金をもらうのに必要な手続きです。

失業認定を受けるためには、実際に求職活動をしていた実績が一定数必要になります。

という訳で、ちゃんと実績が足りてるかどうか、ハローワークで確認してきました。5 回目のハローワーク訪問です。

必要な求職活動実績は 3 回以上(実質 2 回)

私のように自己都合退職をした人が給付制限期間明けの 2 回目の認定日に必要な求職活動実績は、3 回以上です。

が、ここに至るまでにハローワークで行った手続きの中で「雇用保険説明会」というのがあったんですが、これを 1 回にカウントして良いとの事だったので、実質は 2 回以上という事になりますね。

この説明会、なんでか妙に日を空けてハローワークに来させるもんだから、面倒だなぁまとめてやれよ!と思ってたんですが、どうもこのためにわざわざ分けて開催してるっぽいですね。うん、お役所的。

セミナー受講は直前だと無理かも!?

ハローワークでやっているセミナーなどを受講したら、確実に活動実績になります。なので一番無難。もし実績が足りてなかったら何かセミナーでも受けてクリアすっかなーくらいに思ってました、自分も。

なので今回、自分的感覚としては余裕を持たせたつもりで認定日の 2 週間ちょい前にハローワークに行ったのですが‥ あれ、すぐ受講可能なセミナーって、意外と無い?

締め切りが早かったり、既に定員に達していたり、年齢制限があったりで、すぐ受講可能なセミナーがパッと見た感じ見当たりませんでした。ちゃんと探せばあるかもですが。

特に年齢制限は盲点というか、気にしてなかった点でしたねぇ。ヤング向け、シニア向けが充実していて、その間のいわゆる働き盛り世代を対象にしたものは少ないみたいです。働き盛りはこんなトコ来てないで自分で探せ!って事でしょうかね。

セミナーで活動実績を担保しようと思っている方はご注意を。

「転職フェアへの参加」は認められた

先日の記事で書いたように転職フェアに参加してきたのですが、これは 1 回の活動として認められました。

認められないかもしれない?という前振りがあった割には、あっさり認められましたね。

雇用保険受給資格者のしおり」に「企業説明会等において複数事業所と個別に面談を行った場合」は 2 回以上の実績とみなすとあったので、セミナーで複数ブース回ったけどそのぶんだけ実績になる?と訊いてみたのですが、これはカウントされないとの事。そうなんだ? 「面談」の内容次第って事なんでしょうかね。採用面接に近ければいいのかな。

「知人の紹介で社長さんと面談」は認められた

「知人から是非来てくれと誘われて、そこの社長さんと面談したんですが、これは認められます?」と訊いたところ、誘われただけではダメだがその後面談に至っているので認められるとの事でした。

でも「面談」って、そこの社長さんとの呑みをセッティングされて口説かれたって形なんですけどね(笑) これ正直に言ったらダメって言われるかなぁ。まぁたぶん正式かどうかが重要なんだと思うので、その社長さんに訊いて正式だよ!って言うなら OK じゃないだろうか。ま、ハローワークがそれを問い合わせる事は無いと思いますが、ニュアンスとして。

「入社かフリーランス契約か未定の企業との面談」は認められた

先日の転職フェアでお話を伺った企業さんから「入社でもフリーランス契約でもいいので」というニュアンスで後日の面談にお誘いいただいたのが数件あったので、これが認められるか確認してみたところ、「フリーランス契約のみの面談ならダメだが、入社の可能性を含む面談なら認められる」との事でした。

入社の可能性が薄いのに実績作りのためだけに採用面接をしてもらう‥なんて事をやる訳にはいかないので、最初からちゃんと隠さず話をしておいて良かったなぁと。まぁよく考えたら企業側としても「社員としてはイマイチだけどフリー契約ならアリ!」って場合は多そうなので、むしろ都合が良いのかもしれませんね。戦法としては結構アリなのかも。

「求人紹介かフリーランス案件紹介か未定のエージェントとの面談」は認められるらしい

フリーランス向けの案件紹介サービスの中に、並行で正社員希望もアリのものがあるんですよね。こういったサービスのエージェントと、就職も視野に入れて面談をしたら認められるのかな?と思って訊いてみたところ、「就職を含む相談なら認められる」との事でした。

私が転職フェアでやったような営業を、このサービスが代行してくれるといった感じになるでしょうかね。訊いておいて何ですが、「就職」のニュアンスはかなり薄い気がするけど OK なんだ?

ま、完全に転職オンリーのエージェントに嘘ついて求人紹介してもらうよりは、気持ちが楽かもしれません。

転職エージェントとの面談全般が認められるようになったらしい?

これは職業相談窓口の担当の方がそう仰っただけなので、自分の実例を伴う話ではないのですが。

以前はエージェントと会うだけでは活動として認められず、実際に面接などの企業への申し込みに至らないとダメだったのが、最近そこを緩和するような方針になったらしく? エージェントとの面会それ自体を実績として認定するようになってきている、との事です。

確かに、前に聞いた時よりゆるくなってる感ある、かな?

本当に認められるか不明なので、もし参考にされる方が居たら、必ずご自分で窓口に問い合わせるようにして下さい。

ハローワークでの「職業相談」は回数ぶん認められた

私の場合はハローワークの職業相談窓口を、前回の認定日に諸々質問するために 1 回利用していました。自分ではすっかり忘れていたのですが、ハローワーク側できちんと記録してくれてました。

そして今回また別な質問をするのに 1 回利用。それぞれ活動実績として認められるので、これと雇用保険説明会だけで失業認定クリア!ですね。なんだー。

ホントにちょっとした質問とかでもこちらの窓口で答えてもらえるので、単に実績作りたいだけなら窓口に通えば超簡単っぽいです。たとえば自分が今回した質問は、「今月まだ受講可能なセミナーはありますか?」「引っ越しを検討しているが引っ越し先の求人も探せますか?」などなど。

ただまぁ、しょーもない質問ばっかりで何回も認定日を迎えてると、目は付けられそうだけども?



てな感じで心配してたよりも全然、楽々クリア出来ちゃいましたね、失業認定。ホッとしました。

が、失業を認めていただいてホッとしてるってのも‥ やっぱり何というか、人としてアレな気がしてしまうので。サッサと稼げる状態に持って行きたいですねぇ、頑張ろ。

以上、面談用にスーツを新調した、えのきでした。