読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

STANDALONE NETWORKS

ゲームプログラマーが独立起業してみるブログ

テレビが衰退したのは NHK のせいかも

f:id:oppyen:20160617025805p:plain

ずいぶん前にテレビは捨てました

家にテレビが無い、えのきです。

気付けばテレビを捨てて 10 年経ちました。今では殆ど必要性を感じなくなってますね。家族と同居していればまた違ってくるのでしょうけど、少なくとも一人住まいの自分には、必須なものではありません。

テレビを捨てたきっかけは NHK の不祥事

昔はもちろん、私もテレビを持っていました。普通にテレビ大好きだったし、ゲーム業界に就職する程度にはゲームをするのも大好きでしたから、テレビは必需品でした。

なので NHK の受信料も払ってました。まだ若くて収入も少なかったので、高いなぁ‥と思いつつ、頑張って捻出してたのを覚えてます。

それだけベッタリだったテレビを手放したきっかけは、NHK の不祥事でした。だらしない金銭感覚、恣意的な放送内容、その他諸々。高い受信料を頑張って払い続けるのが馬鹿らしくなったんですよね。

当時の時勢はと言えば、インターネット自体はだいぶ浸透したものの、YouTubeニコニコ動画などの動画サービスはまだ立ち上がったばかりの頃。ゲーム機は PS3 が出始めの頃だったでしょうか。テレビを捨て去るのには、まだちょっと思い切りが必要な時期でした。

でも捨てちゃった。

それだけ NHK に納得がいかなかったのと、ネットだけで充分いけるかな?という予感があったもので。あと、もうすぐ地デジ切り替えという時期だったので、キリが良かったってのもありますね。

ネットへの移行を NHK が後押しした格好に

テレビを捨てた当初は、それはもう寂しい思いをしましたよ!

夜帰宅したら何となく観るでもなくテレビを点けるのが習慣になっていたので、テレビの無い自宅は異様に静かで、落ち着きませんでした。

インターネットの記事は読めるので最低限の情報は得られましたが、どうしても文字情報主体になるので情報量が少なく、特に映画やドラマなどの芸能関係の話題には付いて行けないことが多くなりました。

でも意外とすぐに慣れちゃった。

YouTube などの動画サービスが隆盛し、映像を得る事にも徐々に不足は無くなっていきました。そして芸能関係の話題には、そもそも付いて行く必要なんてあんまり無いんだなぁと気付き始めます。そんなもん無くても話題のタネはいくらでもあるものです。というかインターネットに溢れ返るコンテンツのほうが面白くって、テレビのコンテンツへの未練が無くなっていっちゃいました。

ゲームは携帯機で遊んで満足しちゃってたので、テレビを買い替えてまで PS3 で遊ぶ気にはなりませんでした。ゲーム業界自体が下り調子になってきて業界再編真っ只中にあり、PS3 のような据え置き機でハイクオリティゲームを作る会社がかなり減って、そもそも遊びたいと思える魅力的なコンテンツが全然出ていなかった頃でもありました。

NHK は家電メーカーと民放の敵!

まぁそれでも、たまにテレビがあるといいなぁと思う時も無くはなかったのです。

ケーブルテレビなどの有料チャンネルで映画やドキュメンタリーを観たいなぁと思う事は多かったし、そのついでで民放のテレビ番組が観られれば、ニュース番組くらいは観るかもなぁとか。

なので一時期議論されていた NHK の放送のスクランブル化などが実現され、NHK との契約義務から解放されれば、またテレビを買うのも吝かではなかったのです。

が! 結果はみなさんご存知の通り。実質ゼロ回答、どころか逆に課金機会を増やす方向で提案してくる始末で。体質が改まっている気配も無いし、これで誰がテレビを買おうと思うんだー?って感じでした。

これこのようにですね、私がテレビを買う機会、ひいては民放各社の放送を視聴する機会を、NHK は明確に阻害しているのですよ。そしてこんな人は、私の他にも結構居るんじゃないのかなぁ?とか。

家電メーカーと民放は、もっと NHK に怒ったほうがいいと思う。

NHK に貴方がたの商売、邪魔されてますよ。

ネット接続で NHK の受信料を取られないために

NHK が課金機会を増やす方法として、インターネット接続に対して受信料を課すなんていう話が出てますよね。

テレビは捨てられた自分ですが、流石にインターネットは捨てられません。インターネットはただの娯楽や情報受信装置ではなく、生活様式の根本を担うインフラと化しているからです。私がいま準備している事業だって、インターネット無しでは立ち行きません。

なので課金すると法律なんかで決められてしまった日には‥ これはもう、大人しく払うしかないわけです。ぐぬぬ

インターネットさんは強いので、テレビさんのように元々斜陽だったものにトドメを刺すという形にはならないでしょうけれど。でもきっと、どこかにしわ寄せが行きますよ。

そうね、例えばネット上で海外の会社との競争力を失うとか? 国内のくそみたいな事情に慮って、国策として IT を推進するどころかスポイルしてる間に、海外勢に先行者利益を全部持って行かれちゃったりとかね。既にそうなってる感も無きにしも非ず? いやいや、更に、もっと、そうなるかもって話。

大袈裟かもしれないし、単に自分が NHK 憎しで言ってるだけって感もありますが(笑)、ネットのステークホルダー各位は全力でこれを阻止すべきじゃないかなぁと、割と本気で思ってますけどね。

本当は今でもテレビは欲しいんです

そういや選挙の季節だなぁ。NHK をどうするかなんて公約掲げてる政党は無いかな?

軽い愚痴のつもりで書きだしたら、ずいぶん膨らんじゃった。いやー思ってたよりだいぶ NHK 嫌いだったんだなぁ自分、って(笑)

以上、Amazon Fire TV 用に大きいテレビを買いたいけど PC モニタで我慢、えのきでした。